2009年1月24日(土)放送上野広小路

28位 喫茶店発祥の地

明治21年、海外留学を経験した鄭永慶が「可否茶館」という喫茶店をオープンさせた事から、この地には「日本最初の喫茶店発祥の地」と書かれた碑があります。当時、インドネシア産のジャワ豆を使用し、ドリップ式で淹れられたコーヒーは1銭5厘。庶民の為の社交サロンとして、コーヒーを飲みながら玉突きやトランプなどを楽しむ場を生み出したのでした。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト