2009年2月14日(土)放送佐倉

13位 立身流

古武術の流派。
江戸時代、佐倉藩によって伝承された藩外不出の武術です。立身流は、剣術以外にも槍術、四寸鉄刀(手裏剣術)など、様々な武器・技を使う極めて実践的な総合武術です。現在は県の無形文化財にも指定され一般の方も入門出来ますが、撃ち合いの稽古を除き初心者以外は、殆どの方が稽古でも真剣を使用しています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト