2009年9月19日(土)放送栃木

3位 神明宮

栃木の総鎮守。
応永10(1403)年創建の本殿の大きさからも、栃木が商業の都として栄えたことが伺えます。毎年11月16日に開帳される際の扉が開く音が圧巻とのこと。ケヤキの無垢で作られた扉は、120年経って色が黒くなり油がよく出ているからこそ良い音がするようになったのです。歴史の重みを感じる音を聞きに行きましょう。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト