2009年9月19日(土)放送栃木

8位 野州麻

栃木を代表する特産品。
麻の主な種類は5種類あり、その中のひとつ大麻に属するのが「野州麻」。特別な免許を取得して栽培しています。品種改良により、幻覚などを起こす物質はありません。毎年7月に伐採し、葉を落とし茎の部分を茹でてから天日で干して発酵。実に3ヶ月もの期間をかけ加工可能な状態となるのです。大麻は昔から神聖な植物とされているため、神社などの「しめ縄」「鈴緒」の材料として使用。栃木伝統の特産品が全国の神社で使用されています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト