2009年11月14日(土)放送会津若松

1位 鶴ヶ城

会津若松のシンボル。
「鶴ヶ城」と「若松城」両方の表記を目にしますが、そもそも「鶴ヶ城」という呼び名は豊臣秀吉によって会津大名になった蒲生氏郷の幼名「鶴千代」から“鶴”の字を取って名付けられたといわれています。それが昭和9(1934)年、史跡登録をする際に地名から「若松城」とし、以来2つの名前で呼ばれるようになったのでした。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト