2009年12月26日(土)放送東海道BEST50

48位 六郷の渡し

品川宿と川崎宿の間にある渡し場。
江戸を発って最初にある渡し場がこちら。広重が描いた六郷川は、現在の多摩川の下流です。明治7年に橋が架けられるまで舟渡しが行われていた六郷川。元禄のはじめ頃までは橋が架かっていましたが、度重なる洪水で流されてしまうため舟渡しが行われていたのです。また東海道には、江戸から京都まで主な渡し場が8ヶ所程あったとされています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト