2010年2月27日(土)放送神田猿楽町

11位 ペンキ絵 発祥の地

銭湯といえば富士山の絵が思い浮かびますが、その第1号が神田猿楽町にあった銭湯「キカイ湯」でした。2代目・東雄三郎さんが大正元年の増築の際に、子どもにも喜んで入って貰いたいと思いついたのがきっかけ。残念ながら当時のペンキ絵は写真すら残っていませんが、一番最初に描かれたのは富士山だったそうです。やがて大評判となった富士の絵は全国の銭湯へ…。この街は、昭和の風景を生んだ場所でもあるのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト