2010年8月28日(土)放送浅草 雷門

5位 天丼

江戸中期、東京湾で捕れた魚介類の天ぷらを屋台で売り出したのがはじまりです。門前町である浅草にも多くの天ぷら屋台が集まりました。やがて屋台は店舗の形で定着。今回のエリアにも、天保8(1837)年に人形町で創業した「三定」、明治20(1887)年創業の「大黒家」、昭和22(1947)年創業の「まさる」の3軒が伝統の味を受け継ぎます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト