2011年3月5日(土)放送西武池袋線東長崎

10位 セビアン

洋食屋。
初代・清水健司さんと2代目・崇充さんの親子は、共に銀座「三笠會館」で修業。崇充さんはスチームコンベクションオーブンを使った低温調理を取り入れ、「サーモンのサルサヴェルデ」など新たなメニューを開発しました。一方、健司さんが創業以来作り続ける自信作が、日替わりのポタージュスープ。究極の滑らかさをたたえるこのスープは、昼夜とも全てのコースに付くので必ず頂ける地元主婦イチオシの名物料理です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト