2011年5月14日(土)放送栃木県 足利

9位 一茶庵本店

蕎麦店。
新宿に「一茶庵」という店を開いた蕎麦打ちの名人・片倉康雄が足利にやってきたのは昭和29(1954)年のこと。全国から美食家が集う様は“足利詣で”とまで称されました。機械打ちが主流となりつつあった時代に一石を投じた片倉氏。彼の弟子達が全国にその志を広めていきました。名人・翁(現 達磨)の高橋邦弘さんもそのひとり。足利では現在、二代目主人・片倉敏雄さんと三代目・庸光さんがその味を継承しています。渡良瀬川の良質な水も、蕎麦の美味しさを支えています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト