オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

2011年5月28日(土)放送仙川

7位 JIN工房

ヴァイオリン職人・陳昌鉉さんの工房。
「東洋のストラディバリ」と称される陳さんの人生は、小説「海峡を渡るバイオリン」で描かれドラマ化もされました。韓国で生まれ14歳で日本にやってきた陳さんは、1976年に「アメリカ国際ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ製作者コンクール」の全6種目中5種目で金賞を受賞。最も神経を注ぐニス塗りの技が、紫外線に強く、美しく繊細な音を生み出すヴァイオリンを誕生させるのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト