2011年10月1日(土)放送神田須田町

2位 いせ源

天保元(1830)年創業のあんこう料理専門店。
玄関では半纏姿の下足番が出迎えてくれます。鍋を待つ間は「華臍源酒(かせいげんしゅ)」と「肝刺し」を。鮟鱇(あんこう)は青森県や北海道で揚がった大ぶりのメスのみを使用し、29歳の若き7代目ご主人・立川博之さんが吊し切りで捌きます。七つ道具と呼ばれる肝や皮、大身などの部位を全て入れた醤油仕立ての「名代 あんこう鍋」は、割り下が煮詰まった位がちょうど食べごろ。最後はダシを吸った「あんこうおじや」を。冬の味覚の王者・あんこう鍋はこれからが本番です。
※日曜定休

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト