2013年1月12日(土)放送成田山

14位 坊入

神酒と精進料理により信徒を接待する伝統の儀式。
成田山新勝寺の「光輪閣」で、3万円以上の御護摩札を受けられた方に出されます。江戸の頃より接待で出されてきた伝統的な料理ですが、新勝寺でしか食べられないのが「大浦ごぼうの煮付け」。砂糖や醤油などで糖度が40度程になるまで煮込んだ一品です。大浦ごぼうは、成田山開山の起源となった平将門討伐の折に食されたとされるごぼうで、勝ち運の縁起物。千葉県匝瑳(そうさ)市 大浦地区の農家が新勝寺のためだけに作っています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト