2013年3月23日(土)放送日本橋 甘酒横丁

7位 東京演劇かつら

歌舞伎で使われるかつらのおよそ9割がこちらで作られています。演目と配役が決まると、劇場から届くかつら附帳を基に作業を開始。舞台での激しい動きに耐えられるように、台金には銅を使用。毛を通した羽二重は、水で剥がせる白玉粉で貼り付けます。こちらでは、ひと月に200台のかつらが作られているのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト