2013年5月11日(土)放送三軒茶屋 三角地帯

20位 大山道の道しるべ

三軒茶屋は江戸時代、丹沢の大山阿夫利神社へ参拝する大山詣の通り道でした。旧大山道は、現在の世田谷通りの1本だけ。その後の江戸後期・文化文政の頃、現在の国道246号線沿いに新大山道ができました。大山道の道しるべがあるのは、その分岐点となる、現在の世田谷通りと国道246号線が交わる交差点の角。三角地帯の歴史を物語ります。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト