2013年6月8日(土)放送聖蹟桜ヶ丘

20位 旧多摩聖蹟記念館

記念館。
昭和5年に建てられた近代建築の中で、この街の歴史が学べます。かつては、関戸という駅名だった今の聖蹟桜ヶ丘。“聖蹟(せいせき)”とは、天皇行幸の地を意味します。この街を愛したのは明治天皇。16歳まで京都で育った明治天皇は、川と山のあるこの地に郷愁を感じ、4度も兎狩りなどで訪れたといいます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト