2013年7月13日(土)放送清水 三保松原

7位 追分羊かん

318年の歴史をもつ老舗和菓子店。
東海道と清水港へ続く道との分岐点にあるお店です。創業時からの手法で作られるのは、寒天を使わず小豆を煮詰めて固めた竹皮包みの「追分羊かん」。素朴な甘さで、ほのかに竹が香ります。静岡に隠棲していた15代将軍・徳川慶喜は、お店の居間で庭を眺めながらのんびりと過ごしたそうです。現在は、「きざみ栗羊かん」も販売。将軍をも魅了した、東海道の銘菓です。
※日曜定休(2013年7月14日は営業します)

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト