2013年8月10日(土)放送岩手 北三陸

4位 三陸鉄道 北リアス線

1984年に開通し、2013年で30周年。ドラマの撮影で使われている36形に加え、オリエント急行のように豪華な「レトロ列車」や、ドラマより先に名物となった「お座敷列車」など多種多彩です。「お座敷列車」の予約時にお願いすれば、ドラマの様な「ウニ丼」も頂けます。2014年春には、田野畑駅より先がつながり全線開通予定。そこで久慈駅から田野畑駅までの「三鉄 北リアスの旅」をご紹介します。
■陸中野田駅(ソルトロード)
鉄道の駅と、道の駅が一緒になった全国的にも珍しい駅舎。「道の駅 ぱあぷる」では今話題の名産品「のだ塩」も手に入ります。
■堀内駅
ドラマでは、海女センターの最寄り「袖が浜駅」として登場です。
■普代駅
普代村の特産品は昆布。若い昆布を茹でて細切りにした「すき昆布」が名物です。
■田野畑駅
駅の愛称「カンパネルラ」は、宮沢賢治が書いた『銀河鉄道の夜』の登場人物にちなんでいます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト