2015年9月26日(土)放送向島百花園

15位 花街の記憶

東向島の駅名の横に小さく書かれた「玉ノ井」の文字。昭和62年まで、この駅の名前は「玉ノ井」といった。そこは、花街として栄えた街。最盛期には数百軒の店が集まったという。この花街は、東京大空襲により一夜にして焼失。戦後、「鳩の街」という場所に移り、新たな花街を形成していった。今も、鳩の街通り商店街の裏路地には、和風建築に施されたタイル張りの柱などがそのまま残っている。当時のつややかな空気が今もほのかに漂い続けている。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト