2017年3月4日(土)放送越後 湯沢温泉

1位 伝統の湯宿

街の宝。多くの温泉旅館がある湯沢。中でも醍醐味は歴史薫る名湯での休息。

【貝掛温泉】
三俣地区の山深い場所、細い橋を渡った先に構える一軒宿。江戸時代に創業したこちらは、「日本秘湯を守る会」の一軒。こちらの源泉が開湯したといわれるのは室町時代。江戸期には、日本にわずか3つの「眼に効く温泉」に数えられ、数多の人々を癒した。自然に抱かれた露天風呂はぬるめの37度で、長湯も楽しめる。
住所: 新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686
TEL: 025-788-9911

【高半】
越後湯沢温泉発祥の宿。川端康成が「雪国」執筆のため逗留。宿泊した部屋は、館内にそのまま移築され、見学することができる。この宿の祖、高橋半六が見つけた湯沢初の源泉は、900年経った今も湧き続けている。
住所: 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢923
TEL: 025-784-3333

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト