2017年3月11日(土)放送西日暮里

16位

今回の狭いエリアに坂が12本走っている。起伏ある地形が生む街の情緒。中でも急なのが「間の坂」。かつては、馬の脚が折れる程に恐ろしい傾斜だったので、「魔の坂」と呼ばれ、後に表記が「間の坂」と変えられた。そして、かつては霊峰・富士の姿が見えた「富士見坂」。さらに、「向稜稲荷坂」は平成2年に地元民の要望で名付けられた。開成學園の脇を走る坂も、平成2年に西日暮里の人々の要望で命名。その名も風流な「ひぐらし坂」。坂の街に暮らす人々の坂への愛着がにじんでいる。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト