2017年4月1日(土)放送千鳥ヶ淵

12位 清水門&田安門

江戸城の面影を伝える国の重要文化財。北の丸公園の東側にあるのが、江戸初期、1658年の姿を今に残す「清水門」。正面の「高麗門」と、入った先、右手の「櫓門」から成る。そこからつづく石段は、江戸時代の景色がそのまま残る雁木坂(がんぎざか)。一方、日本武道館への入口としてお馴染みの「田安門」。1636年に建てられ、昭和38年に解体修理がされたもの。現存する江戸城建築遺構としては最古。石垣の上から入る門の内部は、広い空間になっている。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト