2017年7月29日(土)放送湘南 鵠沼海岸

14位 東屋の跡

かつて、鵠沼の住宅街にあった「旅館 東屋」。多くの文豪から愛された名旅館。明治から昭和初期まで、文士の宿の異名で知られた東屋。作家・芥川龍之介は、東屋の貸別荘に家族を呼び、永住まで考えていたという。現在、跡地には石碑が立っている。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト