2017年12月23日(土)放送老舗の銀座

18位 銀座 タニザワ

「鞄」という漢字を生み出したお店。「かばん」という言葉は、オランダ語の「Kabas(カバス)」、もしくは中国語の「夾板(キャバン)」が転じたといわれる。しかし、「革」へんに「包」と書くその漢字は、こちらの主人が明治期に発案した。こちらの逸品は「ダレスバッグ」。昭和26年、アメリカの平和使節団として日本を訪れたジョン・フォスター・ダレス。彼が持っていた革の鞄を参考に2代目が作り上げた。近年は、このダレスバッグが進化。従来のものはノートパソコンを入れづらかったが、15インチのパソコンがすっぽり入るタイプが新発売された。
住所: 東京都中央区銀座1-7-6
TEL: 03-3567-7551

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト