2018年1月20日(土)放送野沢温泉

3位 野沢菜漬

日本三大漬菜。村を代表する名物。愛情もたっぷり漬け込んだ極上のひと品は今が食べ頃。健命寺の住職によって生まれたとされる野沢菜。住職が京都の天王寺からカブの種を持ち帰り、裏の畑に植えたところ、野沢の気候風土により、葉と茎が大きく突然変異したのが野沢菜。収穫期の11月、外湯は野沢菜を洗う専用の場所となる。外湯は美味しい野沢菜漬けのためにも欠かせない。

【薬王山 健命寺】
曹洞宗の古刹。野沢菜発祥の寺として親しまれている。
住所: 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9320
TEL: 0269-85-2063

【民宿 米太郎】
こちらでは、収穫の際、捨てられることが多い野沢菜の蕪の部分を使った、地元ならではの伝統料理が味わえる。
住所: 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9459
TEL: 0269-85−2540

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト