2018年2月17日(土)放送三軒茶屋 太子堂

7位 円泉寺

室町時代、文禄4年建立。かつて、この地が「円泉ヶ丘」と呼ばれたことから、円泉寺の名が付けられた。円泉寺のはじまりは16世紀末。奈良の賢恵和尚(けんけいおしょう)が布教のため、観世音菩薩と聖徳太子像を背負い関東へ向かった。するとある晩、聖徳太子が夢枕に立ち、「円泉ヶ丘という泉の湧く霊地があるのでそこに留まるように」とのお告げが。賢恵和尚は泉を探し出し、その地に聖徳太子像を祀る太子堂を建立した。これが円泉寺のはじまり。

【太子堂円泉ヶ丘公園】
円泉寺の裏にある公園。円泉寺のはじまりの地、 「円泉ヶ丘」の名を残す。霊地とされたこの小高い丘が街の礎となった。
住所: 東京都世田谷区太子堂3-30-20

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト