2018年7月14日(土)放送江戸川区篠崎

8位 花農家

今回のエリア内にある鹿骨(ししぼね)地域一帯は、東京を代表する花の生産地。江戸時代、この地域は菊の栽培地として知られていた。大正以降は、様々な花の鉢植え栽培が盛んに。「東京の春は鹿骨の花から始まる」といわれるまでになった。東京の夏の風物詩、入谷の朝顔市で売られる朝顔も、およそ7割がこの鹿骨地域で作られている。

【真利子農園】
直売もしている花農園。季節の花がかなりお安く手に入れられる。
住所: 東京都江戸川区鹿骨6-2-24
TEL: 03-5879-8265

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト