2018年8月11日(土)放送三浦海岸

8位 関東総合通信局 三浦電波監視センター

総務省が管轄する日本で唯一の重要な施設。敷地内にずらりと並ぶ巨大アンテナは、船舶、航空無線など、遠くまで届く電波、短波を受信。それが国際ルールにのっとって運用されているかを監視している。仮に、不法な電波を探知した場合、まずは、センサーを使ってその発信源の位置を大まかに把握。さらに、電波Gメンが直ちに出動し、専用の機材で電界強度を調べながら発信源を突き止めていく。三浦の電波Gメンが日本の電波環境を守っている。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト