2018年9月15日(土)放送大井町

2位 JR東日本 東京総合車両センター

大正時代から続く鉄道の大井工場と車両基地の山手電車区が合併し、2004年に誕生。鉄道車両の検査修繕、山手線の車両を運行管理する車両基地の役目を担う。この車両センターは、山手線全車両のおよそ8割にあたる486両を収容可能と広大。今回特別に見せていただいたのは、昭和20年代から平成8年まで山手線や鶴見線を走った「クモハ12形 」。
住所: 広町2-1-19

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト