2018年9月29日(土)放送深川森下

7位 松尾芭蕉

俳聖・松尾芭蕉が36歳の時、それまで住んでいた日本橋からこの地に移り、晩年の14年間をこの地で暮らした。芭蕉が住んでいたとされる場所は現在「芭蕉稲荷神社」になっている。ここで、かの「古池や 蛙飛び込む 水の音」の名句が詠まれた。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト