2018年9月29日(土)放送深川森下

16位 役者達が愛する店

明治座が近く、多くの演劇人が稽古場にした「ベニサンスタジオ」は2009年に閉鎖されたが、この界隈には役者たちの胃袋を支える店が多い。

【銀座煉瓦亭 深川本店】
昭和3年創業のこちらは「銀座煉瓦亭」から最初に暖簾分けした洋食店。名物は黒胡椒が効いたソースの「ブラックオムライス」。明治座は隅田川を渡ってバイクで3分ほどなので多くの役者に支持されている。出前で愛されるのはさっぱりした鶏ガラスープの「チャーシューメン」。
住所: 東京都江東区新大橋2-7-4
TEL: 03-3631-7900

【美登飯店】
赤坂の名店「榮林」で修行したご主人が1973年に開いた中華料理店。名物は自家製ラー油が香ばしい「タンタンメン」。2階の座敷では舞台の顔合わせや打ち上げなどがよく行われてきた。そのため、ご主人が役者からもらったサインは400枚以上。平幹二朗さんや、三國連太郎さんなど、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。中でも堤真一さんは下積み時代から通っていたひとり。
住所: 東京都江東区新大橋1-4−13
TEL: 03-3631-3652

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト