2018年11月10日(土)放送千葉 袖ケ浦

1位 京葉工業地帯

県内第3位の財政を支える街の心臓部。市内にはエネルギー産業に限らず、様々な開発を行う研究所もある。
【出光興産先進技術研究所】
こちらでは、電流を流すと自ら発光する有機ELの材料を開発。これまでの液晶画面よりも、色鮮やかで薄型にしやすいことから、最新のスマートフォンなどに使われている。実用化が難しいとされた青色の有機ELを世界で初めて開発。その美しい出光ブルーを称えられ、今年6月、発明に関する国内最高の賞、「恩賜発明賞」を受賞した。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト