2019年4月20日(土)放送倉敷

10位 倉敷ガラス

大正時代に提唱された民藝運動。その理解者であり実業家の大原孫三郎がいた倉敷には、様々な民衆的工芸品が根付いている。その内のひとつが「倉敷ガラス」。倉敷ガラスを手がけるのは創始者の小谷真三さんと、長男の栄次さんの親子2人のみ。その独特の青色は「小谷ブルー」と呼ばれている。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト