2019年4月20日(土)放送倉敷

15位 倉敷川

美観地区を流れる。江戸時代、この川は物資を運ぶ運河として利用されていた。綿花をはじめとした物資を集積するため、川沿いに多くの蔵が誕生。「蔵の建つ敷地」、これが地名の由来といわれている。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト