2019年8月17日(土)放送浦安

1位 漁師町の名残

かつて漁師の村だった浦安。海を守ろうとする壮絶な闘いを経て、昭和46年、漁師達は漁業権を全面放棄してしまったが、漁師町だった頃の面影は今も随所に残っている。

【旧大塚家住宅】
江戸時代末期の建築と推定される漁師の家。建物は千葉県指定の有形文化財。中に入ると、投網を編む親子の蝋人形が迎えてくれる。
住所: 千葉県浦安市堀江3-3-1
TEL: 047-354-5846

【大蓮寺】
天文13年創建。午前11時に11回、鐘をつく習慣が残る。この鐘の音で漁師達にお昼の時間を伝えていた。
住所: 千葉県浦安市堀江4-14-2
TEL: 047-351-2533

【松の湯】
100年以上の歴史がある銭湯。多くの漁師に愛されていた。お湯の温度は45度と高め。漁を終え、体が冷え切った漁師達の体をすぐに温めるためだったという。熱いお湯も浦安が漁師町だった証。
住所: 千葉県浦安市猫実4-21-5
TEL: 047-323-6484

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト