2019年9月7日(土)放送千葉 印西

12位 小林駅の朝市

市の北側を走るJR成田線。その小林駅で午前2時、電車もない深夜に開かれる市場。集まるのは地元の農家や銚子から来る魚屋さん。一般客も買えるが、お客さんの大半は行商人。東京への行商は大正末期から行われてきた。彼らの多くがこの街の農家で、一番列車に乗って売りに行く前、足りない品を駅前で開かれるこの朝市で調達してきた。今でも10名ほどの行商人が利用している。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト