2019年12月7日(土)放送千葉 我孫子

1位 手賀沼

我孫子のシンボル。湖畔には遊歩道が整備されており、散策や野鳥観察など、市民の憩いの場となっている。その手賀沼のほとりで活動していたのが、日本の陶芸を西洋に伝えたイギリス人、バーナード・リーチ。柳宗悦の別荘に窯を設け、数々の名品を生み出した。さらに、元々版画家として来日したリーチは、手賀沼が最も輝く瞬間である夕暮れ時の景色を銅版画に残した。彼もまた、手賀沼を望む我孫子の街に魅せられた一人だったのです。その絶景は、我孫子市民の誇りであり、美しい日常なのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト