2020年4月18日(土)放送川口

11位 奇妙な境界線

地図上で普通は境界線となる川を越え、埼玉県川口市が東京側にはみ出している場所を発見。明治43年の荒川の洪水以降、護岸工事を行い、流路の形は変わったが、境界線はそのままだったため奇妙なエリアが生まれた。川口市立川口高等学校(※現在の川口市立高等学校)のグラウンドの一部も東京都足立区が食い込んでいる。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト