2020年7月4日(土)放送ニッポン!郷愁の風景が残る街

12位 岐阜県 美濃

江戸時代、長良川を使った物流の拠点として栄えた。江戸時代の末から明治に建てられた町家が立ち並び、今も使われている。この町の見どころは屋根にある防火壁である「うだつ」。それが、いつしか富の象徴となり、商人達は競って立派なうだつを上げるようになった。うだつを作れないようでは情けないと言われたことから、「うだつが上がらない」の語源にもなった。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト