2020年9月12日(土)放送本所吾妻橋

11位 よこた&おかとく

東京の下町の味といえばやはり、もんじゃ焼き。

【よこた】
戦後間も無い頃に開いた駄菓子屋が店の始まりのもんじゃ屋さん。大きなボールいっぱいに生地が入ったサイズが2人前と豪快。具材のキャベツをコテでよく切り、キャベツの水分と出汁で具をなじませてから焼くのがポイント。地元の常連さんは、鍋持参でテイクアウトする。
住所: 東京都墨田区東駒形
2-17-3
TEL: 03-3621-0536

【おかとく】
街の氷屋さんから始まり、昭和33年頃から女将さんがもんじゃを始めた。もんじゃの具はキャベツと桜海老、鰹節、揚げ玉とシンプル。令和の時代になっても350円で販売する。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト