2021年5月1日(土)放送埼玉 嵐山・小川

20位 建築遺産をリノベーション

「小川町」は、1300年の歴史を持つ、手すき和紙をはじめ、多くの伝統産業と古くから残る町並みなどが評価され、平成8年「小京都」に認定された。ここ最近は、街に埋もれていた産業遺産を若い力で生き返らせている。

【三協織物石蔵】
煙草や絹の保管に使われていたという築約100年の関東最大級の石蔵。ここをリノベーションし、コワーキングスペースや、地域交流の場として間もなく開放予定。
住所: 埼玉県比企郡小川町大塚7-1
TEL: 0493-53-6717

【旧比企銀行】
瓦は崩れ落ち、かなり老朽化が進んでいるが、元は、明治17年に設立した旧比企銀行の建物。30年以上空き家だったが、横浜国立大学大学院で建築を学んだ、3人の若者が再生に挑んでいる。あるものを活かす持続可能な街づくりを念頭に、自分たちの拠点となる設計事務所や街の人が利用できるカフェにする予定。
住所: 埼玉県比企郡小川町大塚141
TEL: なし

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト