2021年6月5日(土)放送東京 渋い路地裏が残る街

5位 立石

全国から居酒屋ファンがやってくる 「飲んべえの聖地」。ことさら京成立石駅周辺の路地は、酒の神に愛されるラビリンス。映画のセットのような昭和の空間に激シブの酒場が並ぶが、駅の北側は、区の新庁舎や大型マンションなどが建つ予定で再開発の波が迫る。

【江戸っ子】
「立石の関所」と謳う、もつ焼きのお店。昭和38年の創業以来、この地で愛されてきたが、このお店も再開発のエリア内。名物のもつ煮込みは400円。
住所: 東京都葛飾区立石7-1-9
TEL: 03-3694-9593

【宝来亭】
再開発のエリア内の「呑んべ横丁」の一角にある昭和39年に創業した酒場。2代目女将は、この建物の2階で育った生粋の立石っ子。こちらの常連が、現役時代、立石のジムに所属していた元ボクシング世界チャンピオンの内藤大助さん。「リアル昭和」な雰囲気に魅了され、日々近隣の馴染みの店に顔を出しては、お店の方と語り合っているのだそう。
住所: 東京都葛飾区立石7-1-6
TEL: 03-3697-6973

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト