2021年12月25日(土)放送大浅草2022

4位 江戸っ子の好物

そば、天ぷら、すき焼きなど、江戸っ子好みの美食の数々。変わらない本物の味が、変わりゆく浅草を力強く支えている。

【駒形どぜう】
創業200年を超える、浅草きっての名店。生粋の浅草っ子が頼むのは、どじょうの腹を開かずに丸ごと煮込む「丸鍋」。そこに必ず“ささがきごぼう”を追加するのが浅草通。ドジョウの旨味を吸わせたごぼう、ネギと共に、七味と山椒でいただく。
住所: 東京都台東区駒形1-7-12
TEL: 03-3842-4001

【ちんや】
明治13年創業のすき焼きの名店。2021年8月、コロナ禍で閉店・長期休業となってしまい、浅草に激震が走った。しかし、その後、「ウルフギャング ステーキハウス」などを手がける会社に経営を委ね、味と伝統を承継することを発表。元は花川戸の料亭だった場所をリノベーションして、新生「ちんや」は2022年3月の再開を目指している。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト