2021年12月25日(土)放送大浅草2022

14位 観音裏美食地帯

浅草寺の裏手で、通称「観音裏」と呼ばれる今注目のエリアは新たな美食地帯。そもそも料亭街として賑わってきたが、ここ数年、ミシュランガイドに掲載される飲食店が急増し、食通が集う街に。味はハイレベルでお値段は下町価格。

【noura】
2018年オープン。ミシュランガイド東京2022では二つ星の評価だったフレンチ「オマージュ」のカジュアルな姉妹店。こちらもミシュランガイド東京2022でビブグルマンとして掲載されている。コースの前菜には塩を効かせたスフレパンケーキが登場。そして、メインの鴨肉のコンフィの後、オプションの締めに出てくるのはなんと、台湾屋台料理の定番、魯肉飯。「オマージュ」のまかないが評判となり名物になった。
住所: 東京都台東区浅草4-10-6
TEL: 03-6458-1255

【ペタンク】
2017年オープン。カウンター8席のみのビストロ。店主の山田さんは、大使館の公邸料理人などを経て独立。名物のひとつはアンチョビマヨネーズをかけた半熟卵。そして、浅草っ子イチオシの生姜焼きは、もち豚の肩ロースを贅沢に使用。自家製ジンジャーソースをかけ、バーボンでフランベし香りづけした上質な逸品。
住所: 東京都台東区浅草3-23-3 上野ビル101
TEL: 03-6886-9488

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト