2022年1月22日(土)放送東京 専門店街

1位 御茶ノ水&神田神保町

明治以降、多くの大学が集まり日本屈指の学生街となった二つの街。神田には学生や教授のニーズに応えて多くの古書店が集まり、御茶ノ水にはジャズブームで楽器専門店が建ち並ぶようになったと言われる。さらに、スポーツブームにより、御茶ノ水界隈にはスポーツ用品店も増えていった。

【本の雑誌社】
1976年に創刊された「本の雑誌」は、作家の椎名誠さんや、文芸評論家の目黒考二さん達が立ち上げた、書評を中心としたブックガイド。巻頭カラーグラビアに、書店や個人宅の本棚の写真が掲載されるなど、本好きにはたまらない雑誌です。毎年注目される本屋大賞は「本の雑誌」の営業部杉江さんと書店員達の飲み会がきっかけで創設された。
住所: 東京都千代田区神田神保町1-37 友田三和ビル5F
TEL: 03-3295-1071

【北澤書店】
大学教授なども通う、明治35年創業の洋書専門店。その一部が近年リニューアルし人気。揃えたのは、装丁が美しいインテリアのための洋書。オンラインでの注文も多く、4代目が本のプロフィールをカードに手書きし、本に添えて送付している。
住所: 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル2F
TEL: 03-3263-0011

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト