2011年8月20日(土)放送小笠原

2位 ボニンブルー

独特の青さを持つ小笠原の海。目にした人を虜にする神秘的なその色は「ボニンブルー」と呼ばれています。父島から船で10分ほどの「南島」は、自然保護のため資格を持ったガイド同行で入島は1日100人まで。海の色はとりわけ明るく輝きます。南島にある「扇池」は白と青のコントラストが印象的。小笠原を代表する光景です。さらにボニンブルーを堪能するなら父島と兄島の間に広がる「兄島海中公園」へ。世界遺産エリアに含まれる海域です。父島周辺の中でも特に鮮やかなブルーの海。海の上からでも魚がはっきりと見えるほどの透明度です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索