2012年11月3日(土)放送安芸の宮島

2位 弥山(みせん)

神のすむ山として信仰されてきました。標高は535m。「宮島ロープウエー」でのぼるのが一般的です。紅葉谷駅から2つのロープウエーを乗り継ぎ、標高433mの獅子岩駅に到着したら、そこから頂上までは約30分の登山。道中の「不消霊火堂」では、弘法大師が修行の際につけた千二百年前から燃え続ける「消えずの霊火」も拝めます。奇岩群を見ながら更に進むと、ようやく頂上の「弥山展望台」。そこから見える景色は、伊藤博文に「これを見ずして日本三景ならず」と言わしめた絶景です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索