2013年9月28日(土)放送八丁堀

12位 新川 大勝軒

中華料理店。
東京最古参の中華屋といわれたこちらは、1914(大正3)年に日本橋浜町で創業。厨房に立つのは初代のお孫さんのご主人・平石裕さんです。メニューのほとんどは創業当時のまま。鶏ガラスープと赤いチャーシューをのせた「らーめん」は永遠の定番です。そして浜町のお店で多くのスターに愛されたメニューが「五目焼きそば」。麺を少なめの油でじっくり揚げ焼きにし、野菜と海鮮の餡をかけた堅焼きそばです。浜町のお店は無くなりましたが、伝統は受け継がれています。
※日曜定休

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索