2017年4月8日(土)放送昭和の新宿西口

4位 思い出横丁

ごちゃごちゃとした新宿の中で、より猥雑な一角。しかし、そのムードがあってこそ多くの人々を惹き付けている。戦後の闇市から始まった小さな路地に80ほどのお店が軒を連ねる。

【らくがき】
思い出横丁屈指の古株。昭和22年創業。終戦間もない食料不足の中で、こちらのお店の名物となったのが豚足。初代が考案したニンニク味噌でいただく。
住所: 東京都新宿区西新宿1-2-7
TEL: 03-3343-4054

【カブト】
昭和のままで営業する鰻の串焼きの専門店。年期の入った暖簾の向こうは煙がもくもく。名物は”一通り”。鰻の頭から尻尾までの様々な部位を5種、7本味わえる。鰻の美味しさを再認識する極上のコース。
住所: 東京都新宿西新宿1-2-11
TEL: 03-3342-7671

【第二宝来家】
昭和22年、闇市の中で生まれた1軒。この横丁で最初に焼き鳥を出したというお店。もつ焼きは、変わらぬようでいて美味しく進化している。お店の自慢はハツ刺しと子袋刺し。
住所: 東京都新宿区西新宿1-2-5
TEL: 03-3344-3117

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索