2019年10月12日(土)放送浦和

2位 うなぎ

江戸時代、浦和宿があった頃から続く街の名物。今回のエリアだけでも「満寿家」を始め、13軒の専門店が自慢の味を競い合い伝統を守っている。

【鰻むさし乃】
週末には長蛇の列をなす人気の一軒。「しんこ鰻」と呼ばれる一年経たずに成体となる若い鰻を使い、朝4時半から主人が小骨を抜く作業を行う。「しんこ鰻」は、通常の鰻よりも身が柔らか。究極のふんわり食感は妥協なき仕事の賜物。
住所: 埼玉県さいたま市浦和区東高砂8-3 1F
TEL: 048-883-6344

【小島屋】
独自の路線を歩む明治後期創業の老舗。江戸前なら通常は蒸すが、小島屋では、白焼きしたあと煮立ったお湯に投入する。これぞ、小島屋に代々伝わる「五右衛門蒸し」。白焼きした鰻は表面に脂をまとっているのでお湯は身に染み込まない。旨味を逃さずふんわり仕上がる。
住所: 埼玉県さいたま市南区大字太田窪2166
TEL: 048-882-1382

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索